築35年の木造住宅で雨漏りが発生。建て主は「火災保険の保険金が下りるはず。それを雨漏りの補修費用に充てたい」と言う。果たしてそれは可能なのか。(日経ホームビルダー)

 今回紹介する事例は、築35年の2階建て木造住宅で起こった雨漏り事故である。重厚な瓦屋根を備えた昔ながらの住宅だ。建て主から「屋根から雨漏りが生じているので、すぐに見てほしい」との連絡を受け、現場に向かった。

 建て主によると、雨漏りに気が付いた日の天候は、小雨がぱらつく程度で、風はさほど強くなかったという。廊下の天井に染みが出来ていたので、慌てて直上の納戸に入ったところ、屋根から雨滴がポタポタ落ちているのを発見したそうだ〔写真1〕。

〔写真1〕天井の染みで雨漏りが発覚
(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]
雨漏りが発生したのは、築35年の木造住宅で、昔ながらの重厚な瓦屋根を備えていた。建て主が雨漏りに気が付いたのは、天井の染みを発見した時(下)。筆者が原因を調べたところ、瓦屋根の谷樋いの部分に穴が開いており、そこが雨水浸入の起点となっていた(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 この現場では、雨漏りの発生原因と浸水ルートを特定するのは、さほど難しいことではなかった。屋根の谷樋いに穴が空き、そこから浸水していた。古い木造住宅では決して珍しいことではなく、私も同種の事例を何度か見たことがある。

 それよりも驚いたのは、補修工事を立案している段階で、建て主からこんな質問を受けたことだった。「雨漏りの補修工事には、火災保険の保険金が下りると聞いた。それが本当なら、自己負担金なしで補修できるはずだ」

 実は、数年前からうその理由による火災保険の保険金詐欺が横行して社会問題になっている。そうした保険金詐欺をもくろむ工事会社のウェブサイトを見て、この建て主も保険金で修理できると思ったらしい。うその保険金請求は、建て主をトラブルに巻き込む恐れがあり、悪質な詐欺行為と言わざるを得ない。

 今回は、雨漏りの原因究明だけでなく、火災保険の保険金にからむ詐欺問題についても解説する。

ここからは有料会員の登録が必要です。