飯田グループホールディングスは、人工光合成技術を採用した省エネ住宅「IGパーフェクトエコハウス」の実証実験を2017年内に開始することを発表した。二酸化炭素(CO2)を使ってエネルギーを生み出す装置を住宅に採用。装置や技術の実験は、大阪市立大学と共同で実施する。製品化も視野に入れている。

ここからは有料会員の登録が必要です。