英国・ロンドンで大規模火災が発生した公営住宅には、外壁の外側に通気層を挟んで発泡プラスチック系の断熱材が張られていた。日本では住宅を中心に発泡系断熱材を使った外張り断熱工法が普及している。専門家はここに防火上の死角を見いだす。

ここからは有料会員の登録が必要です。