4万m2が焼失し、市街地火災の恐ろしさを改めて認識した新潟県糸魚川の大火。現行基準に満たない“裸木造”と、強風による飛び火が被害を拡大した要因と考えられている。その1つ、飛び火による屋根からの延焼について、識者やメーカーの見解を聞いた。

ここからは有料会員の登録が必要です。