下の図は、益城町内の宅地で過去に実施したスウェーデン式サウンディング(SS)試験などの地盤調査の結果だ。地盤改良を必要としない「普通の地盤」の宅地が目立つ。だが実際には、そうした宅地の周辺で、地震による大きな被害が生じた。宅地の危険性を判定する「被災宅地危険度判定」で、「立ち入りが危険」と判定された宅地は、同町内だけで982カ所もある(5月10日時点)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら