道行く人が不思議そうに見上げていく独創的な木の建築が、東京・南青山に現れた。60mm角のヒノキによる「地獄組み」と呼ばれる木組みは、単なる装飾ではなく、床や屋根の荷重を支える構造体でもある。