築28年の木造住宅で発生した雨漏りを調査したところ、屋根裏で外壁サイディングの破片が大量に見つかった。「住宅会社は建て主に十分な説明をせず外壁を張り替えたのではないか」と筆者の久保田仁司氏はみる。(日経ホームビルダー)

 ここでは、築28年の木造住宅で起こった雨漏り事例を取り上げる〔写真1〕。

〔写真1〕破風板の下地木材が腐朽
筆者は、築28年の木造住宅の雨漏り修理を依頼された。外観の様子を見ると、外壁のサイディングが水を吸っているせいか、ふやけたような状態になっていた(左上の写真)。妻側の破風板の板金を剥がしたところ、下地木材の腐朽がかなり進んでいた。また、随所にクロアリの巣(写真の茶色の部分)が発生するなど、劣化の程度は深刻な状態だった(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 この住宅では、外壁の防水シートを二重に張っていた。雨漏り調査のためにサイディング材を剥がすと、下地として見えるはずの胴縁が見当たらず、ビニル系防水シートが現れた。さらに、このビニル系防水シートを剥がすと、下地防水となるアスファルトフェルトと胴縁を発見した。

 施工した住宅会社は、なぜシートの二重張りまでして、防水性能を高めようとしたのか。実態調査を進めながら、私はずっと不思議に思っていたが、ある段階でその疑問が一気に氷解した。

ここからは有料会員の登録が必要です。