閉じる

事例で分かる雨漏り修理のツボ

日経ホームビルダー

目次

  • 断熱材が入っていない箇所も

    ほかにも続々と問題点が見つかった。天井材の裏には、本来設置されているはずの断熱材が施工されていなかった。さらに、壁面に設置された断熱材には、所々に大きな隙間が空いていた。これでは断熱材の機能を果たせない。日経ホームビルダー

  • 意匠満点でも雨仕舞いは落第

    築5年の店舗併用住宅で、大量の雨漏りが発生した。外装材に十分な防水性能がなかったうえ、外壁下端部に水切りがなく、浸入した雨水を排出するルートを確保していなかった。日経ホームビルダー

  • 鼻隠しや破風板の納まりも残念

    防水シートの二重張りに限らず、この建物には他にも問題点が山積していた。日経ホームビルダー

  • 施主に無断で外壁張り替え?

    築28年の木造住宅で発生した雨漏りを調査したところ、屋根裏で外壁サイディングの破片が大量に見つかった。「住宅会社は建て主に十分な説明をせず外壁を張り替えたのではないか」と筆者の久保田仁司氏はみる。日経ホームビルダー

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る