雨漏りと共に住宅トラブルになりがちな結露。壁体内で結露が発生すれば躯体の耐久性を損ないかねない。短期的にも建材や設備に悪影響を及ぼす事例が散見されている。結露はどうして発生するのか。そのメカニズムに迫った。

[画像のクリックで拡大表示]

[目次(カッコ内は掲載予定日)]

LED照明が続々故障、犯人は結露(3月14日)
結露の黒幕は不慣れな省エネ施工(3月16日)
袋小路の通気層が結露リスクに(3月23日)
換気なしでは夏にも結露、実験で明らかに(3月28日)
雨仕舞いと湿気の放出は両立できる(3月30日)

※掲載予定記事のタイトル、内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。

出典:日経ホームビルダー、2018年2月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。