2017年に活躍した人々のなかから、編集部が選んだアーキテクト・オブ・ザ・イヤー2018は、安藤忠雄氏だ。建築展で30万人以上を動員し、子どものための図書館建設にもまい進している。インタビュー全文を紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら