建築物や土木構造物の社会インフラをいかに長生きさせて活用していくか、そして生活を取り巻く環境の安全安心の確保、これらの社会的要求はますます高まっている。

 建設環境コンサルティングは、赤外線技術や各種非破壊検査技術を用いた建築・土木構造物の劣化調査、耐震診断・耐力度調査、火害調査などを行う。そして生活環境である土壌・水質・大気などの安全性を確認・証明する環境調査や騒音・振動調査、さらに建物の法適合調査や不動産取引に欠かせないエンジニアリングレポート作成まで、社会環境全般の調査診断とその問題解決を専門とする全国組織のプロ集団である。かけがえのない命を守るために、安全で安心なレジリエンスな国づくりに貢献できる知識・技術、資格を身に付けることができる企業だ。

調査診断の様子
[画像のクリックで拡大表示]

会社情報

  • 資本金:4800万円
  • 売上高:5億4500万円
  • 社員数:19名
  • 創業:1989年4月
  • 事業内容
    • コンクリート構造物の調査・診断、改修補強設計、耐震診断・補強設計
    • コンクリート構造物の長期保全システム、コンサルタント業務
    • 環境調査・診断、設備診断
    • エンジニアリングレポート

採用情報

  • 採用職種:調査・診断技術者、営業
  • 採用実績大学:全国の国公立私立大学
  • 採用実績学科:建築学科、物理学科
  • 勤務地:大阪、東京、福岡、名古屋
  • 2017年採用実績:1名
  • 2018年採用予定数:2名
  • 初任給
    • 修士了:245,700円
    • 学部卒:237,000円

問い合わせ先

出典:67 フォーカス 建築編
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。