公共建築の設計委託プロポーザルに参加しても、その前の段顔で要件としての基本計画が決まってしまっている。竣工すれば手が離れて結局、設計者は「まちの内実」に踏み込めずに仕事が完結してしまう。その状況に実践的に問題提起した、2016年開設の十日町市市民活動センター・市民交流センターの設計者、青木淳氏に聞いた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら