開催中の「安藤忠雄展-挑戦-」の来場者が20万人を超えた。集客を後押ししている仕掛けの1つが「ギャラリートーク」。安藤氏がゲストを招いて展示会場内で行う対話コーナーだ。11月24日には、日経アーキテクチュアの宮沢洋編集長と建築ライターの磯達雄氏(連載「建築巡礼」のコンビ)が聞き手として参加した。

ここからは有料会員の登録が必要です。