古谷誠章氏の建築に通底しているのは、最初からすべてを決めてしまわずに、予想外のことをむしろ利点に変えてしまおうという発想だ。穂積信夫研究室で実務経験に恵まれた古谷氏は、そうした自分自身の考えを、どこで育んでいったのだろうか。コンペ案や最初の住宅作品に、その原点があった。(全3回のうちの第2回)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら