建築は作品であり、発表することで、他人の評価と批判を受け入れることが重要だと、坂茂氏は語る。そうすれば、常に緊張感を持って設計に臨めるという。ただ、過去に1つだけ、坂氏が発表をしなかった住宅がある。発表できなかったこと、坂氏にとってそれはつまり、「失敗」の経験だった。(全3回のうちの第3回、この回のみ日経アーキテクチュア購読者限定)

ここからは有料会員の登録が必要です。