「ボンボンだった」。丹下憲孝氏は、若いころの自分をそう評する。事務所に入ってからは、丹下健三氏の叱咤(しった)を幾度も受けた。「本当にこれで良かったのか」と常に自問する父の姿は、現在の憲孝氏にも受け継がれている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら