シーラカンスの代表作でもある「千葉市立打瀬小学校」(1995年竣工)は、街に開かれた画期的な建築だ。しかしその後、多くの学校建築を設計し、経験を積み重ねた今の工藤和美氏が振り返れば、完璧ではない部分もある。20年ほど前の若き日に対して、厳しい批評の目を向けてもらった。(全3回のうちの第3回。この回のみ日経アーキテクチュア購読者限定)

ここからは有料会員の登録が必要です。