建築家・東孝光氏の設計事務所を継いで、東環境・建築研究所の代表になった東利恵氏。父の代表作である自邸「塔の家」で暮らし、建築関連の書籍に囲まれて育った。ただ、すんなりと建築の道に進んだわけではない。自分自身の経験を積み重ねて、設計者として生きていけるかどうかを見定めた自問の末に、道を切り開いた。(全3回のうちの第1回)

ここからは有料会員の登録が必要です。