「木造」や「プラスエネルギー」というと、日本でも関心の高いキーワードだ。建築物の性能向上が一定レベルまで達したドイツでは、次の段階として、普及のためのコストダウンや施工性の向上、建材自体の持続可能性がテーマとなっている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら