非豪雪地帯の埼玉県内で、大規模な鉄骨屋根が崩れ落ちるという大雪被害に見舞われてから3年。その教訓を風化させないために、2014年2月の雪害を日経アーキテクチュアの記事で振り返ります。

ここからは会員の登録が必要です。