「スケッチ感覚で3次元(3D)モデルを作成。敷地周辺の衛星写真と組み合わせてプレゼンテーションに使っている」。こんな話を聞いたのは、2016年11月のことだ。

ここからは有料会員の登録が必要です。