マンガ「熱血棟梁!一平太が行く」のシリーズは、ココロザシが高く、女好きで、ちょっとドジな町場の熱血棟梁とその仕事仲間たちが、日々の仕事のなかで直面する難問奇問を悪戦苦闘しながら解決していく業界物語である。今回掲載するシリーズは、音とにおいのクレームがテーマだ。

>>シリーズの目次に戻る

この作品は取材と調査にもとづくフィクションです(初出:日経ホームビルダー 2006年7月号)