フィンランドの首都ヘルシンキに隣接するエスポー(Espoo)市は、人口約27万人を抱える国内第二の都市。大学町として顔も持つ同市で2016年9月、市内のスヴェラ地区にユニークな教会がオープンし、市民の話題を集めている。同国の建築設計事務所であるオーペアー(OOPEAA)が設計したスヴェラ・チャペル(Suvela Chapel)だ。同事務所は1973年にアンッシ・ラッシラ(Anssi Lassila)氏が設立し、2015年には住宅設計でフィンランド建築賞を受賞した実績もある。

ここからは有料会員の登録が必要です。