建具工事
この部門も美和ロックが84.6ポイントを獲得し、前年に続いて首位を守った。前年3位だったゴールがユニオンをかわして2位に順位を上げた。また、前年13位のアトムリビンテックがトップテン入りした

建具工事
YKKAPがLIXIL(トステム)をかわして、前年に続いて首位を保った。同社の製品を採用したい理由については「機能性が高い」が42.7%、「意匠性が高い」が30.2%だった。上位5社の順位に変動はなかった

ガラス工事
旭硝子が92.0ポイントの高得点を上げて、前年に続き首位を獲得。旭硝子、日本板硝子、セントラル硝子の上位3社がほかのメーカーを大きく引き離している

塗装工事
この部門は企業名よりも製品名のほうが浸透しているので、製品名と企業名を併記する形で回答者に選択してもらった。首位の日本エンバイロケミカルズが85.0ポイント、2位のオスモ&エーデルが70.0ポイントで、上位2社がほかを大きく引き離している

塗装工事
関西ペイントが前年に引き続き、首位をキープした。前年4位だったエスケー化研が、日本ペイント、大日本塗料を抜いて2位に浮上した。すべてのメーカーで、採用したいと答えた人のうち、採用経験ありと答えた人より採用経験なしと答えた人の割合が高かった