コンクリートの断面欠損部の修復工法には「左官工法」「吹付け工法」「充填工法」があり、それぞれに適した材料がある。比較的大きな断面の修復には、「吹付け工法」か「充填工法」を選択する。「吹付け工法」は型枠の設置が不要で、広い面積の施工に優れ、施工に要する時間が短いというのが特徴。映像は吹付けの施工状況を紹介。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら