雑司ケ谷付近で地下トンネル工事が始まる

 都電雑司ケ谷と鬼子母神前の間では、大動脈となる都市計画道路が建設中で、都電も大改造が始まる。道路は渋谷区広尾5丁目から北区滝野川2丁目に至る約14kmの都市計画道路「環状第5の1号」だ。池袋駅前付近で混雑する明治通り(環状5号)のバイパスルートとして機能させる。

 都電と並行する区間では、幅員30~40mの道路を軌道とともに整備する。地上は軌道の両側に1車線ずつ、地下に2車線の計4車線を設ける。同時に電線類を地中化して街路樹の植栽も施す。延焼遮断帯の役目も担い、地域の安全性や防災性を向上させる。環5の1の豊島区高田3丁目から南池袋2丁目までの約1400mは、事業費が370億円、2019年度までに完成する予定だ。

 都電雑司ケ谷の南には、環5の1のトンネル工事用のセメント設備などが置いてあった。軌道を見ると、移設工事へ向けた木製覆工設置や軌道仮受杭打設などが実施されている。線路の東側に沿う車道では、重機による掘削が始まり、地下ルート建設に向けた準備が進んでいる。

 都電雑司ケ谷を出た早稲田行き電車は、下り坂を一気に駆け下り、大鳥神社の門前を通り過ぎる辺りで谷底をむかえ、上り坂に転じて鬼子母神前へと滑り込む。環状第5の1号は、この都電のアップダウンに沿って敷設される。

 同区間の一部の軌道を移設し、開削工法でトンネルを設置。その後に再び都電の軌道を現在位置に戻し、都電の真下に幅6m(片道)の地下道、両側に同じ幅の車道が並ぶ構造になる。

 この区間にあった制限高2.6mの目白架道橋下の道は、工事に合わせて閉鎖。鬼子母神前の三ノ輪橋方面(B線)ホームも移設され、旧ホームの解体が始まった。環5の1が整備されると、都電の上に架かる千登世橋(目白通り)からの眺めも変わる。

都電雑司ケ谷を出た三ノ輪橋行き8800形電車。下り勾配から上り勾配に転じて鬼子母神前へ向かう。線路の両脇で環状第5の1号整備に向けた工事が進んでいる(写真:大野 雅人)

都電の線路よりもやや低い位置にある環状第5の1号用道路では、地下に2車線を設ける。掘削に向けた準備工事が進行中だ(写真:大野 雅人)

閉鎖された制限高2.6mの目白架道橋。都電雑司ケ谷と鬼子母神前の間にある。この小さなガードを通過する際に、電車の走行音もやや違ったに音色になる(写真:大野 雅人)

千登世橋(目白通り)から大塚・王子方面を眺める。線路脇には機材などが置いてあり、環状5の1整備の準備が進む。鬼子母神前から学習院前にかけては、アップダウンが連続する(写真:大野 雅人)

千登世橋(目白通り)から早稲田方面を見る。写真右側に写る道が明治通り(環状5号)で、この付近から環5の1が分岐し、都電に沿って新たな道路を整備する(写真:大野 雅人)

下り勾配を駆け下り、学習院下へ滑り込む7000形電車。黄色地に赤帯のリバイバルカラー車が終点の早稲田へ向けて離れていった(写真:大野 雅人)

環状第5の1号線(豊島区雑司が谷)案内図。工事中の事業認可区間(延長1400m)は、池袋駅東口を通る明治通りをバイパスするルートとなる(資料:東京都)

環状第5の1号線(豊島区雑司が谷)断面図。地下ルートは片側6.0m、都電は9.0mの幅を充てる。電線類は歩道の地下に収める(資料:東京都)

<訂正>
「旧古河庭園」の漢字を修正しました。(2014年12月2日10時5分)