製材の繊維方向を互い違いにして接着することで、大荷重に耐える木質構造材を製造する技術、クロス・ラミネイテッド・ティンバー(略称:CLT)の国内導入が進んでいる。法整備に先行する国内初の建築事例も2013年10月に着工した。

ここからは会員の登録が必要です。