閉じる

Vol.005 パッシブデザイン

ケンプラッツ

目次

  • 小嶋一浩氏と語る「日本型のパッシブデザイン」

    小嶋一浩氏 建築家、横浜国立大学大学院Y-GSA教授 × 飯田祥久氏 OMソーラー社長 × 真部保良 日経アーキテクチュア編集長

    小嶋一浩氏は、公共建築や集合住宅、海外プロジェクトにおいて、パッシブデザインに積極的に取り組んできた。「熱と空気のデザイン」をテーマに実績を持つOMソーラーの飯田祥久社長と、建築・住宅のあり方を語り合ってもらった。ケンプラッツ

  • 環境調和型のパッシブ手法を時代が再評価

    今なぜ、パッシブデザインなのか?

    1970~80年代に大きく花開いたパッシブデザインに、改めて注目してみたい。エネルギー利用に対する関心が高まるなか、どのような可能性を持つのか。ケンプラッツ

  • パッシブで住宅、公共建築のゼロエネに貢献

    街づくりから考える「低炭素社会」

    人間と自然との間にある建物自体の工夫で、省エネ型の心地よい居住環境を生み出す。そうした「パッシブデザイン」を、都市や街の魅力づくりのために用いる時代が来た。ケンプラッツ

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る