3人のシングル女性がそれぞれ賃貸の部屋に住みながら、クロゼットとダイニング、スパを別々の場所につくって機能を共有し合う――。ネットワーク型集合住宅と名付けた、こんなプロジェクトが神戸市で進んでいる。設計を担っているのが、同市内で設計事務所を主宰する畑友洋氏だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。