富士フイルムからこのほど発売された3次元デジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」は、人間と同じように、二つのレンズを持ち、右目用と左目用の写真を同時に撮影することで、立体的に見える写真を撮ることができます。このユニークなデジカメを、ゼネコンで現場支援や施工管理などに従事する浅賀泰夫氏に工事現場や街かどで実際に使ってもらいました。果たして、その使い勝手はどうだったのでしょうか。

ここからは有料会員の登録が必要です。