土木職員が不足する自治体に代わって国が橋などを修繕する全国初の事業が、今年度から福島県と高知県で始まる。国による修繕代行は、技術力が不足する自治体を支援するために、2013年の道路法改正で新たに導入された制度だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。