北海道洞爺湖町の伏見橋で2014年11月に橋台が崩落したのは、湧水による斜面の浸食と崩壊が過去2年間で急速に進んだことが原因だった。橋を管理する洞爺湖町の調査委員会が3月16日に報告書をまとめた。

ここからは有料会員の登録が必要です。