政府は1月9日、総額3兆1180億円の2014年度補正予算案を閣議決定した。昨年末に策定した緊急経済対策の財源とする。住宅金融支援機構の金利引き下げ幅の拡大や住宅エコポイント制度の再開など住宅市場活性化策に約2100億円、自然災害で被害を受けた公共土木施設や農地・林道などの復旧に約1300億円を計上した。

ここからは有料会員の登録が必要です。