国土交通省は9月12日、コンクリートのひび割れを遠くから検出する29の技術について、現場での試行に基づく評価結果を公表した。各技術の特徴や適用範囲を比較しやすいように表にまとめることで、活用を促すのが狙いだ。結果は新技術情報提供システム(NETIS)の「維持管理支援サイト」で見ることができる。

ここからは有料会員の登録が必要です。