国土交通省は7月1日から、トンネルや2m以上の道路橋などを、5年に1回の頻度で点検することを道路管理者に義務付ける。近接目視による点検の義務化と、その頻度などを定めた省令・告示を同日に施行した。トンネルは全国に約1万本、2m以上の橋は約70万橋に上る。罰則こそないものの、予算や人材の面で苦境に立つ自治体には戸惑う声も少なくない。

ここからは有料会員の登録が必要です。