「今後、人材の確保が本当に大変になってくる」。東日本高速道路会社の廣瀬博社長は危機感を隠さない。高速道路の老朽化に伴う維持管理費の増加と、管理を担う技術者の不足を見越して同社が進めているのが「スマートメンテナンスハイウェイ(以下、SMH)構想」だ。5月29日の会見では、2020年までの実現に向けて、基本計画と検討のロードマップを示した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら