東日本高速道路会社は、無人飛行体(UAV)を用いた橋梁点検技術の開発を進めている。山間部で橋脚の高さが高く、地上からの点検などが困難な場所での本格適用を狙う。2014年度内に、一部の橋梁で点検に向けた配備を目指している。

ここからは有料会員の登録が必要です。