入庁以来、計画部署や現場事務所で経験を積んできた中堅技術職員が、ある日突然、積算を担当する設計部署へ配属となった。とりあえず、基準書をもとに積算をするものの、適用範囲や備考欄を十分に考慮せず、誤った金額で工事設計書を作成してしまった――。

ここからは有料会員の登録が必要です。