清水建設は3Dスキャナーなどを用いて建機を遠隔操作する「3D無人化施工支援システム」を開発した。二次元カメラに依存する従来の無人化施工システムに比べると、作業コストを25%程度減らせる。放射能汚染土壌の貯蔵施設など、放射線量が高い空間での無人化施工などで利用する想定だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。