国土交通省は9月25日、JR北海道による線路のずさんな管理が発覚したことを受けて、JRグループの他社に線路の管理状況を緊急点検するよう指導した。JR北海道が旧国鉄の定めた軌間(線路の間隔)の管理基準を現場で正しく運用していなかったことから、グループ他社に同様のミスがないか確認する必要があると判断した。点検結果の報告の期限は9月30日だ。

ここからは有料会員の方がお読みいただけます。

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら