理化学研究所は神戸製鋼所、JFEスチール、新日鉄住金、大同特殊鋼、日本鉄鋼協会と共同で、鋼材の塗膜下の欠陥を非破壊で可視化することに成功した。可視化には理化学研究所が開発した小型中性子源システム「RANS」を利用する。

ここからは有料会員の登録が必要です。