阪神高速道路会社と鹿島は共同で、超高強度繊維補強コンクリート(UFC)を使った道路橋床版を開発した。鋼床版と同程度の軽さで、疲労耐久性がより高いといった利点がある。メンテナンス費用を低減できることから、長大橋や既存床版の取り替えなどで実用化を目指す。

ここからは有料会員の登録が必要です。