東海旅客鉄道(JR東海)は9月18日、東京都から名古屋市までの区間を対象としたリニア中央新幹線の環境影響評価準備書を公表し、詳細なルートや駅の位置を明らかにした。全長は約286km。このうち86%を占める約246kmはトンネルで、地上部は約40kmと14%にとどまる。同社では、同区間の2027年の開業を目指し、14年度に着工したい考えだ。

リニア中央新幹線の路線概要図
(資料:JR東海)

 ルートは超電導リニアの高速走行を踏まえ、最小曲線半径が8000m、最急勾配が40‰(パーミル。1‰は1000分の1)となるよう考慮して選定した。東京都や愛知県などの都市部では主に地下40mより深い大深度地下を活用し、換気や防災の観点から約5kmごとに非常口を設ける計画としている。11年9月に公告した方法書では、駅の位置は直径5kmの円で、ルートは幅3kmの線で示していたが、準備書では詳細な位置を示した。

 起点となる東京のターミナル駅は、東海道新幹線の品川駅の直下約40mに設ける。名古屋市には名古屋駅の直下約30mに設ける。いずれも開削工法で築く。各県に1つ設ける中間駅は、神奈川県では相模原市のJR橋本駅付近に、山梨県では甲府市大津町に、長野県では飯田市上郷飯沼付近に、岐阜県では中津川市千旦林にそれぞれ決めた。地下構造となるのは神奈川県の駅のみで、ほかの中間駅は地上に築く。

ここからは会員の登録が必要です。