宮城県は、被災した沿岸部の15市町を「三陸地域」、「石巻・松島地域」、「仙台湾南部地域」に3区分して復興イメージを示した「宮城県震災復興計画」の第1次案をまとめた。地域の地形条件などに合わせて、災害に強いまちづくりを目指す。6月3日に開催した震災復興会議の第2回会合で公表した。

ここからは有料会員の登録が必要です。