我が国は温室効果ガスの排出量を、6%削減する施策を進めてきたが、京都議定書の第二約束期間(2013~2020年)には参加せずに取り組みを実施するとしている。このような状況の中で、建設環境の技術士として以下について答えよ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら