戦後の日本で三大都市圏を結ぶ役割を担ってきた東名、名神の各高速道路の並行路線となる新東名高速道路と新名神高速道路の整備が進む。東北地方では、東日本大震災の復興事業の一環として、三陸沿岸道路と常磐自動車道を建設中だ。前者は新しい事業手法を導入して工期短縮を図っている。そのほかの地域でも、高速道路網を寸断するミッシングリンクをなくす動きが進行する。

ここからは有料会員の登録が必要です。