主に専門知識が問われるII-1の4問のテーマは生物多様性、ヒートアイランド現象、循環型社会形成推進基本法、下層溶存酸素量でした。自然環境を対象とした設問が2問、生活環境が2問といった内訳です。生活環境の設問が1問しかなく、選択しづらかった13年度のII-1に比べて改善されたようです。

ここからは有料会員の登録が必要です。