選択科目に関する「専門知識と応用能力」を問う論文は、2014年度も13年度と同様に、2時間で600字詰め用紙4枚以内に記述する形でした。

 出題形式にも変化はなく、主に専門知識を問うII-1は四つの設問から2問を選び、それぞれ1枚以内にまとめる問題。もう一つの主に応用能力が求められるII-2は、二つの設問のうちの1問に2枚以内で解答するものでした。

 改正によって出題数が減少した結果、13年度の試験でも見られたように、受験者の専門性によっては問題を選択しづらい科目が珍しくありませんでした。さらに、時間が足りなくて十分に書ききれなかった受験者も少なくなかったようです。

レベルを変えて書き分けるノウハウが必要に

 II-1は基本的な知識を尋ねる設問が多くを占めていますが、なかには経験の有無が大きく影響するものもあり、難易度に差が見られます。例えば「トンネル」のII-1-4はセグメントの構造計算について問われており、かなり難しい内容です。

 II-2は、13年度に比べると図を交えた出題が増えました。例えば「土質及び基礎」は2問とも、図に記された情報を読み取って解答するものです。「都市及び地方計画」で図を基に出題されたのは、恐らく初めてのことと思われます。

 さらに13年度に続いて、「都市及び地方計画」や「道路」などでは指定した「担当責任者」の立場で述べるよう求めています。多くの科目で実務経験がますます問われる傾向にあり、応用能力を発揮して解かなければなりません。

 このII-2で問われる内容として、日本技術士会の資料には「与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う内容とする」と記されています。

 しかし、13年度と14年度の出題内容を見ると、「業務遂行手順」について問う科目と問わない科目に分かれてきたようです。例えば「鋼構造及びコンクリート」や「都市及び地方計画」では、13年度に続いて業務を進める手順について記述するよう求めています。改正後の出題内容に改めて目を通し、15年度の対策を考える必要があります。

 もう一つの記述式であるIIIの課題解決能力を問う論文で13年度に出題されたテーマが、IIの設問の対象になってきたことも14年度の特徴です。総論ではなく、各論に相当する応用能力が問われている点を意識して、述べなければなりません。例えば、「道路」などで出題された維持管理は、多くの科目が13年度のIIIで取り上げたテーマです。

 維持管理や更新に必要な予算が増え、法律や基準なども整ってきたことから、選択科目に関連するより具体的な内容を、実務経験に照らし合わせて記述するよう求め始めたものと推察されます。「河川、砂防及び海岸・海洋」のII-2-2でも、13年度ならIIIのテーマにふさわしいと思える巨大地震について出題されました。

 いずれもIIIのレベルで解答するのではなく、各選択科目の専門性をより踏まえた内容で論述しなければなりません。改正前の一般論文と専門論文のように、同様なテーマでもレベルを変えて書き分けるノウハウが必要になります。

 以下では「土質及び基礎」の14年度の出題内容について、もう少し詳しくみていきます。

13年度と同様の考え方で解ける問題も

 四つの設問から2問を選ぶII-1では、標準貫入試験やスウェーデン式サウンディング試験などの地盤の調査方法、抗土圧構造物に作用する土圧、中間層の杭基礎、地すべり対策についてそれぞれ問われています。

 出題分野は「調査」、「地盤」、「杭」、「法面」とバランス良く、いずれも概要や留意点など基本的な内容について尋ねています。「土質及び基礎」の科目では、調査と設計の両方を手掛ける受験者が多いこともあり、選択しやすかったと思われます。

 2問から1問を選ぶII-2は13年度と異なり、いずれも図を交えた設問でした。実務経験がないと解きにくい問題ですが、II-2-1は土留めを用いた掘削工事では標準的な図と言えます。対象とする線状構造物も、「土質及び基礎」の受験者で土留め工事に携わったことがある人なら、多くが類似の業務を経験しているはずです。

 もう一つのII-2-2も、妥当な内容です。13年度はII-2-1で軟弱地盤上の盛り土が擁壁の杭基礎に与える影響などが問われました。14年度は杭基礎のマンションに隣接して軟弱地盤上に道路盛り土が計画されている図が示されています。13年度と同様の専門知識や応用能力で解けるでしょう。

 いずれの設問も図示されている分、実務で携わっている受験者にとってはポイントを読み取りやすく、書きやすかったとみられます。

ここからは有料会員の登録が必要です。