「建設環境」ではこれまで、騒音や振動などを対象とした生活環境と自然環境の大きく二つの分野の専門性を踏まえて出題されてきました。II-1の4問の出題内容を見ると、自然環境を対象とした設問が3問、生活環境は1問の割合になっています。

ここからは有料会員の登録が必要です。