2013年度の改正に伴って、06年度まで実施されていた択一式試験が復活します。技術部門(建設部門)全般にわたる専門知識が問われ、20問の出題から15問を選んで解答する形です。試験時間は1時間30分、合否判定基準は60%以上となっています。

 次ページ以降に、2005年度に出題された20問を掲載します。出題傾向の把握に役立ててください。解答は、各問題の次ページの冒頭に記載しています。

 数値などは当時のものであり、改正された法律もありますが、13年度以降の試験でも出題されそうなテーマやキーワードは少なくありません。以下の表に、05年度の問題を基に今後も出題の可能性が高い重要なキーワードをまとめました。

 なかでも、「公共事業コスト構造改革」などのコスト削減の取り組みや都市再生、循環型社会形成、建設廃棄物、環境マネジメントシステム、建設産業の就業者数、高規格幹線道路の延長は04年度から06年度まで3年連続して出題されました。

 最新の国土交通白書や審議会の資料などを通して、各キーワードに関連する動向や数値を押さえておきましょう。

●05年度の試験に見る重要キーワード
キーワード問題の番号
京都議定書1
海上コンテナ貨物取扱量 1
公共工事の品質確保の促進に関する法律 3
CM方式3、12
公共事業コスト構造改革 4
PFI4
都市再生6
ISO14001(環境マネジメントシステム)7
地球温暖化 8
土壌汚染対策法 8
火山噴火 9
東海地震 9
台風や集中豪雨 10
循環型社会形成 11
建設廃棄物 11
建設投資 12
建設産業の就業者数12
海外受注額 12
高規格幹線道路の延長13
少子高齢化14
バリアフリー 14
性能設計 16
コンクリートの物性 17
アセットマネジメント 19
労働災害 20

ここからは有料会員の登録が必要です。